強度近視からのレーシックは、0.03から1.5への視力回復を果たした、30代男性によるレーシック体験記です。

強度近視からのレーシックレーシック体験記~翌日以降 ≫通常の生活へ復帰

通常の生活へ復帰

手術後3日目

この日は手術後はじめての出勤です。会社に向かうために、外に出ると、前日よりまた視力が良くなっているような感じを受けました。

以前、コンタクトからメガネに替えたときには、会社である程度の反響があったのですが、メガネを外しても、全然反響はありませんでした。(笑)

デスクにつき、パソコンを見ても、メガネとの差は歴然です。通常、パソコンに向かい続ける仕事ですが、できるだけ眼に負担を掛けないように、たまに眼を休ませ、遠くの緑を眺めるようにしました。

帰りに初めて夜道を歩きました。ハロ現象で、街灯がぼやっとしています。車のライトもぼやけるので、車種が分かりませんが、その程度の話。実害というほどのものはありません。むしろ、暗いところの方が、これまでと比べて、視力の差が大きいように思います。それに、少し明るく感じます。

帰宅後、この日は普通に洗髪してみました。でも、シャンプーを流すのは眼に水が入りそうで怖いので、美容室のように、上を向いて流してみました。

手術後4日目

この日は朝の洗顔をしてみました。眼に水が入らないようにややしっかり目につぶり、拭くときも眼の周りはタオルを当てる程度にしました。特に問題はありませんでした。

また、夜の入浴時には、普通にシャンプーし、顔も洗顔ソープで洗ってみました。「なんや、できるやん。」意外と眼に水は入らないもんですね。


2007年05月20日 23:24

手術翌日 | レーシック体験記~翌日以降 | 1週間検診

”強度近視からのレーシック”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2007 FPEX All Rights Reserved.