強度近視からのレーシックは、0.03から1.5への視力回復を果たした、30代男性によるレーシック体験記です。

強度近視からのレーシックレーシックのデメリット ≫手術前の制限事項

手術前の制限事項

コンタクトをつけられない

検査前、手術前は、しばらくの間コンタクトレンズを装用できません。コンタクトレンズによる眼球に対する影響をなくすためです。ソフトコンタクトレンズかハードコンタクトレンズか、あるいはクリニックによりまちまちですが、私が手術を受けた品川近視クリニックでは、ハードは2週間、ソフトは1週間(乱視用は2週間)外すことを求められていました。

その他の制限事項

手術当日運転出来ないとか、化粧・香水・整髪料が使えないとか、細かな制約はありますが、デメリットというほどのものではないでしょう。


2007年07月29日 02:47

ドライアイ | レーシックのデメリット | 手術後の制限事項

”強度近視からのレーシック”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2007 FPEX All Rights Reserved.