強度近視からのレーシックは、0.03から1.5への視力回復を果たした、30代男性によるレーシック体験記です。

強度近視からのレーシックレーシックのデメリット ≫手術後の制限事項

手術後の制限事項

手術後にいろいろと制限がある理由

手術後、さまざまな制限事項があります。視力が安定しないことや、眼に負担がかかることなど、いくつかの理由がありますが、より大きな理由は、フラップが安定していないことと、感染症防止のために眼の清潔を保つ必要があることです。

手術後の短い期間のことで、それ以降の長い期間が左右されるのですから、ちゃんと守りたいものです。

手術当日できないこと

入浴、洗顔、洗髪・・・眼に水や雑菌が入る恐れがある
デスクワーク、読書、テレビ、パソコン・・・目が疲れる
喫煙・・・眼にしみる
自動車バイク等の運転・・・視力が安定していないので危険

手術後1週間出来ないこと

飲酒・・・傷の回復が遅くなる
肉体労働・・・眼に負担がかかる
軽い運動(ゴルフなど)・・・眼に負担がかかる

手術後1ヶ月出来ないこと

サウナ、温泉・・・眼に水や雑菌が入る恐れがある
プール・・・眼に水や雑菌が入る恐れがある
激しい運動・・・眼に負担がかかる


2007年08月12日 23:34

手術前の制限事項 | レーシックのデメリット

”強度近視からのレーシック”はリンクフリーです。相互リンクも募集しています。お問い合わせはこちらまで。
Copyright (C) 2007 FPEX All Rights Reserved.